ビームせどらー、ざまぁー

目安時間 10分

先月10万円の利益になったから、

今かなり油断してます。

 

 

Amazonに納品した雑誌が勝手に売れていくんで、

なんにもしなくても利益が増えていきます。

 

 

そのまま何もせずにいると、

やがて在庫が少なくなっていき

利益が減っていくから、

 

そうならないために、

ちょこちょこ仕入れてくんだけどさ、

 

「ちょっと休んでもいっしょ、

だって、それがゆるせどってもんじゃん」

 

という悪魔のささやきが常に響いてるんです。

 

 

 

とはいえ、

 

ホントに何もしないのはもったいないので、

今日は仕事帰りに秋葉原駅のブックオフに。

 

 

 

このお店に来たのは、約1ヶ月ぶりで

この日は日曜日。

 

たぶん1~2冊仕入れられたら、

御の字って感じかなー

 

 

なんでそんな風に思うのかっていうと、

 

土日ってビームせどらーがうじゃうじゃ湧いてきて、

 

売れるものを根こそぎ刈り取っていくって

 

イメージがあるんです。

 

 

だから、今まで土日って

ほとんど仕入れに行ってません。

 

 

あ、ビームせどらーっていうのは、

 

ブックオフの本を片っ端からバーコードリーダーで読み取って、

利益が出るものを買っていくせどらーのことです。

 

 

買い物かごを3個も4個も満タンにしてる人も。

 

 

これまでに何度もそんな場面を見てきました。

 

 

 

で、話を戻すと、

 

 

1ヶ月ぶりの秋葉原店だけど、

あれよあれよと、3冊がすぐに手に入りました。

 

 

ほう、珍しいこともあるもんだ。

 

 

日ごろの行いが良いからか(笑

 

 

 

あんま仕入れられない時って

すぐに撤収しちゃうんだけど、

 

逆にすぐに仕入れられると、

ついついもっと仕入れたくなっちゃうんだよね。

 

 

「まだあるんじゃないか」

 

「隠れたお宝が眠ってるんじゃないか」

 

ってな感じで。

 

 

 

で、そのまま続けてたら、

急に店員さんから声が掛けられたんです。

 

「お客様、本にカメラをかざすのはご遠慮願います。」

 

 

え、マジ!?

 

 

「当店ではバーコードを読み取る行為は禁止となっています。

 

もしせどりを行う上で調べたい場合は、

スマホに雑誌名を手入力で検索する形でお願いします。」

 

とのこと。

 

 

あ、そうなんだ。

 

前に来た時は、

そんなこと言われなかったのに。

 

 

いつの間にか

そういうルールができてたのね。

 

 

ってことは、

スマホに手入力で検索して調べることになるのか。

 

 

ちょっと、めんどくさいなー

 

 

パパって調べてチャチャっと終わらせたいのに。

 

 

 

でもしゃーない!

 

お店のルールだから、

ここはスパっと割り切ろう。

 

 

って思った時に、ふと気づいたんです。

 

 

 

ヤツらがいない。

 

 

ちょっと前までよく見かけてたのに、

周りを見渡してみても1人もいなかったんです。

 

 

 

ヤツらって誰かって?

 

 

ビームせどらーってヤツですよ。

 

 

 

自分、ビームせどらーが大っ嫌いなんです。

 

 

 

商売敵だからってことじゃないですよ。

 

ヤツらの本の扱い方が、マジでイヤなんです。

 

 

実際のビームせどらーの様子を見たことがなかったら

 

イメージしにくいかもしれないけど、

 

ヤツらの本の扱いが、まぁ酷いのなんの。

 

 

 

利益が出る本が見つかったら、

 

本棚から抜き取り、

 

買い物かごに投げ入れてるんです。

 

 

買い物かごに入れるんじゃなくて、

投げ入れるんですよ。

 

 

この、投げ入れるところ、

見ててマジで不愉快!

 

 

だってそれ、お店の商品ですよ。

 

 

買い取った後だったら、

どんな扱いしようが、そいつの勝手だよ。

 

 

投げようが、破こうが、焼こうが、

好きにすればいいよ。

 

 

でも、まだ会計してないんだから、

お前のもんじゃねーだろ。

 

 

雑に投げ入れていいもんじゃねーだろが。

 

 

 

それともう一つイヤなことが。

 

 

彼らの振る舞いが、

 

他のお客さんがいてもお構いなし

 

って感じなんだよね。

 

 

人としてマナーを守るとかモラルだとか

 

他人に期待しても無駄なのはわかってるつもりだけど、

 

そういうヤツら、見るのイヤなんすよ。

 

 

もしかしたら、そういうことをしない、

見てて不愉快にならないビームせどらーがいるかもしれません。

 

もしそういう人だったら、

僕は嫌悪感を持たないし、

ただの商売敵ってだけです。

 

 

でも、今までそんな人、

一度も見たことがないんだよね。

 

 

これまで見てきた人、

すべからくイヤな感じ。

 

 

だから、ビームせどらーが大っ嫌い!

 

 

 

でも、このお店では、

 

雑誌のバーコードの読み取りを禁止だから、

 

ヤツら、今までのやり方ができないよね。

 

 

 

ハハハ!ざまあ―!!

 

 

 

 

結局、その後もう1冊見つかり、

計4冊ゲットでした。

 

 

こういうことなら

土日も仕入れに行くのもアリだな。

 

これからは仕事帰りに

15分位だけでも寄ってみることにしよう。

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

澤村 仁

澤村 仁

初めまして。神奈川県に住むアラフォーです。 昼間は作業療法士としてリハビリの仕事をしています。 以前はアドセンスをしていたけど挫折。 休日が1ヵ月に2日間だけという状態で中古雑誌せどりをスタート。 最高月収が20万円を超えることができました。

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ