好きなものや懐かしいものをチェックしても効率は悪い

目安時間 6分

こんにちは。

 

 

僕はブックオフに行って仕入れをする時、

できるだけ短い時間で済ませたいと思ってます。

 

だから、

自分の頭の中にある売れる雑誌や

売れる雑誌の傾向に関するデータを元にして

それに引っかかるものを見ています。

 

でも、それだけでなく、

とても好きなものや懐かしいものも

ついチェックしてしまいます。

 

例えば、

ビックリマンシールに関する雑誌とか、

たまごっちが載ってるものとか。

 

 

漫画やアニメでいえば、

 

・機動戦士ガンダム

・スラムダンク

・幽遊白書

・ジョジョの奇妙な冒険

・ゲゲゲの鬼太郎

・ナウシカ、ラピュタ、魔女宅、等のジブリ系

 

 

ゲームで言うと、

 

・信長の野望

・悪魔城ドラキュラ

・ウィザードリィ

・ロマンシングサガ

・タクティクスオウガ

 

などなど、

ファミコン、スーファミ、PC-98等のソフト

 

 

音楽で言うと、

 

・Queen

・徳永英明

・Boowy

・Green day

・Linkin Park

・オリビアニュートンジョン

・アースウィンドアンドファイアー

 

 

映画で言うと、

 

・バックトゥザフューチャー

・ターミネーター

・ジャッキーチェンの映画

 

などなど。

 

 

僕の中で高値がつく根拠が全くなくても、

懐かしさのあまり、つい手に取ってしまって

 

「高値だったら嬉しいぞー!」

 

とか思いながらチェックしてます。

 

 

これって、

自分の好きなものが高価値であってほしい

っていうファン心理じゃないかと思ってます。

 

自分が好きなものに対して高値が付いてると

世に広く知れ渡っていて

価値があることが認められてて嬉しい、的な。

 

 

でも実際は

僕が思ってるのとちょっと違います。

 

値段ってのは、

需要と供給の関係で値段が決まってきます。

 

だから、

高値なのは世に広く知れ渡ってるんじゃなくて

需要が高くて供給がおっついてないだけ。

 

もちろん、

世間に知れ渡ってるものもあるけど、

価値のわかる人たちの間で

需要と供給のバランスが崩れてるだけだったりします。

 

 

例えば、以前のメルマガで紹介した

2万2000円で売れた本。

 

あんな本があることを初めて知ったし、

諭吉さんを2枚以上使ってでも

手に入れる価値があるのか

僕にはさー-っぱりわかりません。

 

ま、そんなもんです。

 

 

 

で、話を戻すと、

 

自分の好みだけで選ぶやり方じゃ

売れる雑誌が手に入る事はほぼありません。

 

仕入れにかかる時間が伸びるだけだって

頭ではわかっちゃいますが

それでもやめられないんです。

 

 

ついこの前、仕入れに行った時も

好みだけで手に取ってチェックしてました。

 

その中の一つに

シティーハンターの特集雑誌があったんです。

 

シティーハンターってずいぶん昔の漫画ですが、

僕が小学生のころアニメがよくやっていて

見ていた記憶があります。

 

特に、アニメの終わり頃から

エンディング曲(Get Wild)のイントロが流れ出し

映像が切り替わっていく演出が

すっごいカッコよかったんです。

 

おじさんになった今でも記憶に残っています。

 

めっちゃ懐かしいなーと思いながらチェックしたら

意外や意外、利益が出ることが判明!

 

 

偶然とはいえ、

仕入れることができたのは良かったです。

 

でも、こういうラッキーなことが起きちゃうと、

自分の好みでチェックするのを

やめられそうにありません。

 

時間効率で言ったら、

明らかに悪いんだけどなぁ、、、

 

 

楽しいからまあいっか(笑

 

 

シティーハンターの雑誌はこちら↓

メルマガ読者さん限定となります

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

澤村 仁

澤村 仁

初めまして。神奈川県に住むアラフォーです。 昼間は作業療法士としてリハビリの仕事をしています。 以前はアドセンスをしていたけど挫折。 休日が1ヵ月に2日間だけという状態で中古雑誌せどりをスタート。 最高月収が20万円を超えることができました。

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ